【第63号】半分の存在

——————————————————
「人間は、常に半分の存在でしかない」
——————————————————

筆者が肝に銘じている言葉です。

体で言えば、「胸やお腹」は肉眼で見えても、「背中」は見えません。
背中は、鏡や画像を通してのみ見られます。

人は、他人のことは客観的に見えますが、
自分のことを客観的に捉えることはなかなかできません。

人は、自分の立場で物事を考えたり行動するものですが、
他人の立場で物事を考えることはなかなかできません。

毎日の生活においても、長い人生においても、
どちらか一方を選択しなければならないことに直面します。
右へ行けば、左へは行けないし、
左へ行けば、右へは行けません。

このように、人間は「常に半分の存在」なので、
実は自分のこともはっきりとはわかっていません。

常に半分の存在なので、
「あとの半分」を補う必要があります。

はっきりわかろうとすれば、
自分の姿形を鏡に映し出さなければなりません。

ただし、鏡の役割は自分ではできないので、
他人の目に委ねることになります。

ところが、他人は気を悪くするであろうことは、
自分には語ってくれません。

ですので、自分のしていることがいつの間にか「正しい」と思い込むことが起こりえます。

ここに人生の「最大の罠」があります。

最近だと、ロシアのプーチン大統領を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

「自分は絶対正しい」と思っている人に、多くの人は何も言えません。
言ったらこちらに矛先が向くからです。
利害関係があったり、自分より立場が上の人を前にすればなおさらです。

一方、「自分は半分の存在」と心得ていれば、
他人からのフィードバックはむしろ「肥やし」になります。
それは、もう半分の自分を補ってくれるきっかけを与えてくれるからです。

「他人から見た自分はこう映っているんだ」

と客観的に捉えられます。
「他人の鏡」は、屈折したもの、色付きのもの、透き通ったもの様々です。
他人も「半分の存在」なので、絶対はありません。
ただ、どの意見も一理はあるものです。

そして既に「半分は見えている自分」と照らし合わせてみることで(Reflection)
見えないもう半分を補っていくことができます。

それが自身の気づきや成長、良好な人間関係の構築にもつながります。

一方、フィードバックする側も、自分の意見が「半分」であることを自覚し、
「あなたは〇〇です」という断定調ではなく、
「私には〇〇と映ります」と伝えると、決めつけではない客観的な伝え方ができます。

関連記事

TOP