【第66号】社名変更のお知らせ

KODO ISHINとして約2年間仕事に携わらせていただきました。
2022年4月1日より、社名を「IK!IK!」(イキイキ)とし、気持ち新たにスタートいたします。

「なんで、たった2年間で社名を変更するの?」

という声もいただきます。

確かに(株)KODO ISHIN~行動維新~ という社名も個人的には愛着を持っていましたし、今でもそれは変わりません。

一方、私がこの2年間で携わらせていただいた仕事は、必ずしも社名が意図するところとは一致しませんでした。
KODO ISHINは「個」の行動変容(=行動維新)にフォーカス。
一方で、ご依頼いただくお客様のご要望の多くは、「組織」の活性化にありました。

「風通しの良い職場にしたい」
「上司-部下のコミュニケーションを改善したい」
「コミュニケーションスキルを高めたい」

キーワードは「人間関係」です。

多くの仕事がAIに取って代わられると言われている時代において、
企業組織における、「人」の役割は変わってきます。
「人」にしかできないことは、
“オリジナリティ”  “クリエイティビティ” “ホスピタリティ” 
を発揮することです。

それは「自分らしさ」を発揮することにも通じます。

ただ、「自分らしさ」を発揮することは簡単ではありません。
何よりも、「自分を理解する」ことが大事になってきます。(自己理解)
また、自分らしさを発揮できるかどうかは、人間関係によっても変わってきます。
他人の足を引っ張るのではなく、違いを認め尊重する人の集まりが、組織としての「らしさ」を発揮させます。(多様性)
さらには「らしさ」を発揮することが、「誰か」の助けになるのであれば、好循環がきっと生まれることでしょう。(貢献)

自分らしくイキイキ活動できる人であふれる世の中になるよう、少しでも貢献できれば…

そんなとき浮かんできたのが「イキイキ」というワードでした。
「IK!IK!」「!」にしたのには、今の世の中に漂う閉塞感を打破したい!という想いからです。

ビジョンから逆算して考えたとき、
私個人の思いだけで突っ走るのではなく、
お客様が当社に求めるサービスと社名が近しいものの方が良いと考え、社名変更を決断した次第です。

これからもIK!IK!(イキイキ)の栄木(エイキ)をよろしくお願い申し上げます。
(もしかしてこれを言いたかっただけ?)

関連記事

TOP